藤沢市八ヶ岳野外体験教室 体験教室だより
HOME > 体験教室だより > 体験教室スタッフレポート

体験教室 スタッフレポート

体験教室スタッフのレポートをお届けします。
※写真はクリックすると拡大表示されます。

平成30年9月20日(木)

天気 天気 雨 気温 12.1℃ (担当 高見澤)

日毎に、また一雨ごとに山麓の草木の様相は変わり、深まる秋を八ヶ岳東麓は迎えています。暑かった夏は遠のき、木々の緑も暖色に枝先を少しずつ変えて、落葉前の彩りを始めています。 
            秋雨前線の停滞や、例年より多い台風で、八月中旬以降は雨模様の日が続き、今年の紅葉の色づきが心配されますが、良い紅葉狩りシーズンが迎えられることを今は願っています。
          「秋雨に打たれて木の葉紅をさし」

  • 山麓の草木
  • 山麓の草木
  • 紅葉

平成30年9月14日(金)

天気 くもり 気温 15.6℃ (担当 田中)

秋になると思い浮かぶものは「紅葉」「秋刀魚」「栗」・・・などいろいろあります。
体験教室の秋といえば「キノコ」。たくさん出ますがそのほとんどは毒キノコです。
中には食用可能なものも。写真のキノコは「タマゴタケ」です。毒キノコで知られるテングタケ科のなかでも食べることができる珍しいキノコです。
カラフルでたまごの殻からでてきたような姿はまさに「タマゴタケ」です。

撮影:内田室長

  • タマゴタケ
  • タマゴタケ

3枚目の写真は「テングタケ」でカサが開いた状態になってます。
一般的に有名なベニテングタケよりも毒性が強く、注意が必要です。

  • テングタケ

平成30年9月9日(日)

天気 曇り  気温  19.0℃ (担当 井出)

みなさんこんにちは!
9月上旬ということもあり、野辺山高原では秋の気配が近づいてきております。
自然郷に隣接する海ノ口牧場では涼しくなったからでしょうか。
牛たちがのんびりと過ごしていました。

朝、出勤の際には食事中でしたが、午後写真を取りに向かったときはどうやら食後のお昼寝タイムだったようです。

  • 海ノ口牧場
  • 海ノ口牧場

これから自然郷周辺は紅葉の美しい季節となってきます。
皆様ぜひお越しください。

平成30年9月6日(木)

天気 くもり 最高気温 17℃ 最低気温 12℃ (担当 中川)

みなさんこんにちは!
先月22日〜24日の2泊3日「2018年子どもだけのわいわいキャンプ」が開催されました。
これは体験教室の8月夏休みの恒例行事。
予約受付開始早々30分で定員に達してしまうほど大人気のキャンププログラムです。
今年は新たなスタッフが加わり、山登り、クラフト(工作)作り、川遊び、BBQなどなど子どもたちとたくさんの体験をしてきました!
次回は12月25日〜27日冬のわいわいキャンプです!
冬ならではのプログラム・・・また子どもたちの笑顔に出会えることを楽しみに待っています!!

  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ

平成30年8月27日(火)

天気 晴れ 最高気温 24℃ 最低気温 13℃ (担当 内津)

体験教室での夏の賑わいも一段落と言ったところでしょうか。
施設のまわりや遊歩道などの見回りをしていると、賑やかだったこの夏もそろそろ静けさを取り戻し、秋に向けての準備を始めているようにも感じます。

日中の気温と朝と晩、気温の差が大きくなりますので、お越しの際は羽織るものを一枚お持ちいただき、これからの季節「秋」をお楽しみ下さい。

  • 体験教室
  • 体験教室
  • 体験教室
  • 体験教室

平成30年8月20日(月)

天気 晴れのち曇り 気温 20.2℃ (担当 高見澤)

猛暑が続いた中、先日北海道からの季節外れの雪の便りを聞き驚きました。寒気の南下で、ここ数日寒ささえおぼえる気候となり、異常気象を肌で実感する今夏です。
まだ残暑が続くと思われる時期ですが、八ヶ岳山麓には確実に秋がしのび寄ってきています。野に咲く草花に、実のふくらむ木々に、自然のいたるところにその姿を見る事ができます。
体験教室から近い場所に、秋の花マツムシソウの小さな群生地があります。通勤途中立ち寄ってみると、花は見頃の時期を迎えていました。蝶やミツバチが風になびくマツムシソウの花に必死にとまり蜜をすっています。厳しい自然のなかで過ごす生き物たちにとって秋のマツムシソウの花は命をつなぐ大事な花のひとつであることは間違いないようです。
              「マツムシの花は命の母となり」

  • マツムシソウ
  • マツムシソウ
  • マツムシソウ

平成30年8月8日(水)

天気 雨 気温 20.2℃ (担当 田中)

かの有名な昆虫博士「ファーブル」の名前を使わせていただき、夜の昆虫ハンターのガイドを担当させていただいてます私ですが、今夜は台風12号の接近により中止となってしまいました。
プレゼント用に準備していたカブトムシも出番がなくなり、土に潜っていたところを掘り出して撮影したためか、じっとしたまま動かず不機嫌そうです(笑)。

  • カブトムシ

こんな天気でも「クラフト体験」なら屋内で気軽に行えますので、ほぼ毎日ご参加をいただきさまざまな完成品を見せていただきました。
写真のお子さまも「作品が良くできているので、顔写真入りでH.P.に載せてもいいですか?」と伺ってみると「載せてもらってもいいのですか。ぜひ使ってください。」とご本人はもちろんお母さまにもご了承をいただきましたので使わせていただきました。
ありがとうございました。

  • クラフト体験

平成30年7月28日(土)

天気 曇り  最高気温  29℃ 最低気温 18℃ (担当 中川)

体験教室には生き物の専門家がいます。その名もファーブル田中!
ファーブルと一緒に体験教室の森を歩けば、なかなか見られないカブトムシやクワガタムシも一発で見つけられます!
現在のところほぼ100%の確率で野生の昆虫に出会えます(笑)
体験教室では、そんなファーブルと一緒に昆虫を探しにいくツアー「夜の昆虫ハンター」〜ファーブル田中と昆虫探し〜を開催しています!
夏休み限定企画です。
昆虫を探しにいくだけでなく、飼い方や捕獲の仕方、珍しいファーブルコレクションご紹介などカブトムシやクワガタムシにまつわる様々な知識が身に付く夏休みの人気体験です!
みなさまのご参加を心よりお待ちしております!!

  • クワガタムシ
  • クワガタムシ
  • 夜の昆虫ハンター

平成30年7月24日(火)

天気 晴れ  気温 25.4℃ (担当 内津)

今年の夏は「暑い!」が合言葉のようになっていますが、あえて敷地内の遊歩道を散策してみました。
敷地内の遊歩道をゆっくり歩くと一周約20〜30分程度の時間でまわれます。日中の暑い日差しも木漏れ日と変わりとても涼しい、過ごしやすい時間となりました。

鳥の鳴き声を聞き、きれいな草花や生き物を見て、爽やかに通り抜ける風を感じてみて下さい。

  • 遊歩道
  • 遊歩道
  • 草花

平成30年7月17日(火)

天気 晴れ  気温 24.5℃ (担当 高見澤)

16日の「海の日」は、岐阜県で今年全国初の39度を超える気温が観測されました。高気圧の停滞で日本列島各地で猛暑日を記録し、本当に暑い、暑い夏になっています。標高1500mにある体験教室も例年にない暑さに包まれ、いつもとは違う夏の空気が流れています。
本日、朝6時の気温がすでに体験教室で20度を超えており、各地で今日も40度に迫る気温が観測されることでしょう。広葉樹に囲まれた教室の、周辺の木陰に心惹かれるきょうこのごろです。
     
            「海の日に 緑陰を恋う 裾野かな」

  • 体験教室
  • 体験教室
  • 体験教室
  • 体験教室

平成30年7月11日(水)

天気 曇り  気温 23.0℃ (担当 田中)

皆さまお待ちかねのキャンプ場がいよいよ明後日13日(金)にOPENいたします。
テントの設営が悪天候の影響で例年以上に手間と時間がかかってしまいました。

  • テント
  • テント

テントは大・小あわせて全部で12張り。残すは一番手前のみです。 大勢の藤沢市民の方々に安全で楽しくご利用いただけるよう、スタッフ一同頑張ります。

  • テント
  • テント

平成30年7月1日(日)

天気 晴れ 気温 22.1℃ (担当 井出)

今日は朝から晴天に恵まれ穏やかな風が吹いています。
体験教室の農園では様々な作物がどんどん成長しています。

  • グリーンボール

手前の方はグリーンボールが収穫を控え、奥にはジャガイモが花を咲かせています。
他にもトウモロコシや枝豆等、これから収穫を迎えるものがたくさんあります。
収穫時期には体験教室で販売をしていることもあります。
これからの成長が楽しみです。

平成30年6月26日(火)

天気 晴れ 気温 20.4℃ (担当 内津)

体験教室では、夏休みのイベントをご来館頂いく皆さんに楽しんでもらおうと、スタッフで案を出し合い企画中です。
その内の一つでクラフト作り(バードコール・コースター)を実際に体験してみました。
電気ペンを使って焼き目を付け、絵を描くといった作業です。
短時間で楽しめ、夏休み(八ヶ岳)の思い出づくりには良いのではないでしょうか。

他にもいろいろなイベントをご用意致しますのでお楽しみに!

  • クラフト作り

平成30年6月18日(月)

天気 曇りのち晴れ 気温 15.0℃ (担当 高見澤)

体験教室が休館日の18日、八ヶ岳山麓は朝から厚い雲に覆われていました、が、午後の四時ごろになると雲が消えはじめ、束の間、陽の差す青空があらわれました。と同時に、教室の周辺の森では一斉に、蝉が鳴き始めます。
久しぶりに、スタッフレポートの材料を探しに、キャンプ場下の杣添川まで下りてみました。
川までの落葉広葉樹の森は木漏れ日が落ち、上を向くと、木々の葉が陽の光を透かし黄緑色に輝いています。心地よく森を抜けると、大小様々な石がごろごろとした杣添川にでます。
川べりの日陰の石の上に動かぬ蝉がいました。そういえば川までの森の小径で聴こえた蝉の声はどうしたのでしょう。そのとき杣添川の流れの音が勝っていることに気づかぬ問いを、己に投げかけていました。
         「渓流の 音にのまれる 蝉しぐれ」

  • 杣添川
  • 陽の光
  • 杣添川
  • 蝉

平成30年6月11日(月)

天気 曇り 気温 15.7℃ (担当 田中)

梅雨入りの影響もあり、湿度が高く、室内にいるとじわっと汗がしたたるものの屋外へ出ると吹き抜ける風はとてもさわやかです。
八ヶ岳野外体験教室の「サラサドウダン(更紗灯台)」がかわいい花を咲かせ、訪れる方々を癒してくれます。

サラサドウダンはツツジ科の落葉低木で深山の岩地に生育するため、八ヶ岳野外体験教室周辺には多くの木が群生しています。

  • サラサドウダン
  • サラサドウダン

平成30年6月4日(月)

天気 晴れ 気温 20.2℃ (担当 井出)

今日は朝から晴天に恵まれておりました。
気温は20度まで上がりましたが、涼やかな風が吹いており快適な1日となりました。

  • 涼やかな風

幸せの四つ葉のクローバーは皆様ご存じだと思いますが、実は体験教室には秘密の場所があります。
そこでは沢山の四つ葉のクローバーが見つかるので、ぜひ探してみてください。
ちなみに下の写真はその秘密の場所で撮影したものです。
四つ葉はいくつ見つかるでしょうか。

  • 四つ葉のクローバー

平成30年5月27日(日)

天気 晴れ 気温 18.3℃ (担当 内津)

体験教室も徐々に初夏の陽気になってきました。
中庭にある山ブドウの木には、数珠つなぎの花の房が開花の時期をまだかまだかとまっています。
遊歩道や宿泊棟に続く道にはつつじが咲き、見頃を迎えています。
そして「アサギマダラ」の飛来も確認できました。

緑に包まれた八ヶ岳にもぜひ足を運んで頂きたいと思います。

  • 山ブドウの木
  • つつじ

平成30年5月20日(日)

天気 晴れ 気温 13.1℃ (担当 高見澤)

八ヶ岳山麓に山笑う季節がやって来ました。野菜農家もマルチ張り、苗植えと本格的な農事シーズンを迎えています。体験教室の農園も、明治中学校の石拾いからはじまり、5月5日には今年初の苗植えをしています。

育苗センターで育てられる苗は、ビニールハウスの中で、温度、水分、養分等の管理が十分になされて苗が作られていますが、やがて時期が来ると、外気にさらされる畑(圃場)に移植されます。

5月11日、高倉中学校の一年生が、体験教室の農園で、レタスとグリーンボールの苗、そしてジャガイモを、上手く植えてくれました。まだ気温の変動は大きく、千メートルを超える高地はこの時期マイナス気温にもなり、霜が降りることが少なくありません。こうした厳しい高冷地の環境の中で、苗は自らの力と人の手をかり成長して行かなければなりません。 

           「ふじさわの 子らの思いを 背負う苗」

  • 苗
  • 苗

平成30年5月13日(日)

天気 曇りのち雨  気温 11.9℃ (担当 田中)

今日は発達した雨雲が接近しており、撮影時も小雨が降っておりました。

キャンプ場へ行く途中に自生している「レンゲツツジ」のつぼみが膨らみ、中には開き始めているところも。明後日は晴れの予報なので開花も進みそうです。

  • レンゲツツジ
  • レンゲツツジ

下の写真は同じ道沿いに開花しているトウゴクミツバツツジ(別名イワヤマツツジ)です。
花言葉を調べたところ「はにかみ」とか「慎ましやか」と書かれていました。
秋の葉の紅葉が美しい種類のツツジです。

  • トウゴクミツバツツジ
  • トウゴクミツバツツジ

平成30年5月6日(日)

天気 晴れ 気温 16.6℃ (担当 井出)

ゴールデンウィーク期間中、バームクーヘン作りのイベントが行われました。
ご参加いただきました方々は、家族みんなで和気あいあいと楽しんでいただき、出来立てアツアツをおいしく召しあがっていただけました。 

  • バームクーヘン作り
  • バームクーヘン作り

八ヶ岳野外体験教室では、夏休みに向けて様々なイベントを企画中です。
5月20日(日) 10時からは夏休み期間の受付も始まります。
皆さまのお越しをお待ちしております。

平成30年5月1日(火)

天気 晴れ 気温 9.0℃ (AM5:30) (担当 内津)

早朝に場内をお散歩してみました。
澄み切った空気の中、すごく静かで小鳥のさえずりが響き渡っていました。
特に目立っていたのが「ホーホケキョ」鶯の鳴き声でした。
残念ながら鶯は見つけられませんでしたが、つぼみを膨らませた「つつじ」や、青空に映える白樺を眺める事が出来ました。
ほんの少しの時間でしたが、とても癒されました。

ご宿泊の際は、ぜひ早起きをしていただき「早朝散歩」をおススメします。

  • つつじ
  • 白樺

平成30年4月22日(日)

天気 晴れ 気温 18.6℃ (担当 高見澤)

「白樺あおぞら南風 コブシ咲くあの丘北国の・・・」で始まる「北国の春」は、南牧村出身の作詞家いではくが作詞した歌です。南牧村は北国とは言えませんが、今まさにこの詩のような風景が体験教室周辺の裾野で見られます。

白い花をつけるコブシも例年より早い開花となり、またカラマツもこのところの暖かさで,緑の色づきを日毎に濃くしています。
厳しい冬を乗り越えた自然の春の息吹が、心地よく感じられる季節が八ヶ岳体験教室にもやってきました。

            「歌となる 原風景の コブシかな」

  • 白樺
  • コブシ
  • コブシ

平成30年4月16日(月)

天気 晴れ時々曇り  気温 7.4℃ (担当 田中)

今日は晴れたり曇ったりと不安定な天気です。気温も日中で8℃前後と肌寒く風もありましたが相変わらず餌台にはたくさんの野鳥が集まっていました。

写真のアカゲラ(頭頂部が赤いのでオス)は体験教室のまわりに棲みついていて、人の気配がない時間に毎日のようにオスとメスが交互に餌場へやってきます。
最近、室長が作成されて玄関前に飾ってある木製のシカのオブジェの足をつついて餌をさがす様子も目撃されました。

  • アカゲラ
  • アカゲラ

下の2枚の写真は、少し前に諏訪湖へ出かけた時に偶然見つけた「アリスイ」です。
その名のとおり蟻を好んで食すことから、漢字で「蟻吸」と書きます。
とても長い舌をもつ野鳥で実物を見たのはこの時が初めてでした。

  • アリスイ
  • アリスイ

平成30年4月8日(日)

天気 晴れ 最高気温  6.7℃ 最低気温  -2.0℃ (担当 井出)

4月4日に消防署の方に講師としてお越しいただき、救急救命講習会が行われました。
職員一同皆様に安心してお泊り頂けるように取り組んでおります。

  • 救急救命講習会(救急救命講習会)

お客様に体験教室をより一層楽しんで頂けるよう、職員で自然観察の講習会を行いました。
体験教室周辺にはたくさんの動植物が生息しております。
藤沢とは違う体験ができますのでぜひお越しください。

  • 然観察講習会(自然観察講習会)

平成30年4月1日(日)

天気 晴れ 気温 15.0℃ (担当 内津)

新年度のスタートにふさわしく、心地よい陽気となり、空は青く澄み渡り日差しを浴びた八ヶ岳も悠々としていました。

雪が融けた建物の脇には、フキノトウが目を出し、周りの木々も少しずつではありますが、新しい芽吹きを感じる事が出来ます。

また、本日より藤沢市八ヶ岳野外体験教室では、“敷地内全面禁煙”がスタートいたしました。
ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 八ヶ岳
  • フキノトウ

平成30年3月24日(日)

天気 晴れ 気温 2.6℃ (担当 高見澤)

桜の便りが聞かれる時期を迎えて、思いがけなく大雪となった春分の日、日陰を除いては雪の消えていた体験教室周辺にも50センチほどの積雪がありました。 
近づく春の気配を一蹴するかのような天候でしたが、日毎に強まる陽ざしと、気温の上昇で融雪は進んでいます。 
翌22日、平沢峠経由で山梨方面に出かけてみました。
平沢地区に向かう峠道から、車の窓越しに一際白い飯盛山が見えてきます。
それは「めしもり山」、と言われるゆえんをあらためて実感させられる景色でした。

            「春分に 白飯を盛る 山となり」

  • 積雪
  • 飯盛山

平成30年3月18日(日)

天気 晴れ 気温 -2.0℃ (担当 田中)

朝5時30分頃、外は霧が濃く視界が悪くて気がつきませんでしたが、徐々に明るくなり始めるとあたり一面に「霧氷」が発生していました。

霧氷が現れる条件を満たす日は限られていますが、例年より見る機会が多く感じられます。

  • 霧氷
  • 霧氷

温度計を確認すると、霧氷が発生する条件の気温(氷点下2℃から氷点下10℃くらい)にあてはまる肌寒い1日となっております。

  • 温度計

平成30年3月11日(日)

天気 晴れ 最高気温 6.7℃ 最低気温 -2.0℃(担当 井出)

今朝は霧氷ができるような天気でしたが、少し日が覗き暖かくなってきたので体験教室周辺を散策してみました。

春の気配を感じることができればと思ったのですが、まだ先は長いようです。
それでも、雪の下から野草が顔をのぞかせていたり、樹木のつぼみも大きく膨らんできているのを見ることができました。
体験教室入口の彗星の滝も氷が解けて流れ始めました。

  • 彗星の滝

3月24日(土)からはゴールデンウィークの電話受付も始まります。
スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

平成30年3月4日(日)

天気 晴れ 気温 0℃ (担当 内津)

朝日を浴びた煌々と輝く赤岳と月を見る事が出来ました。
朝・夕の気温は、日中のプラス気温に比べるとまだまだ身体にこたえますが、澄んだ空気の中、赤岳や周辺の山々を眺めるのも中々良いものですね。

一歩一歩「春」に近づきつつありますが、雪融け水が、朝・夕の冷え込みで凍結します。
車でお越しの際は、冬用タイヤやチェーンが必要となります。
楽しく、安全にお過ごし頂くためにもご協力をお願いいたします。

  • 赤岳

平成30年2月24日(金)

天気 くもり 気温 0.9℃ (担当 高見澤)

国道141号線から海ノ口自然郷に向かう支道の手前(南牧村板橋地区)に「高原野菜発祥の地」と刻まれた碑が建てられています。

  • 高原野菜発祥の地

野辺山高原一帯は、夏から秋にかけ、白菜、レタス、キャベツを主とした野菜の一大生産地として全国に知られていますが、本格的な入植、開墾が始まったのは昭和初期からで、荒野を手作業で先人達が切り開き、現在の高冷地野菜の礎を築いてくれました。
生産技術、機械化の進歩で、現在は安定した収穫を得られるようになりましたが、標高1000メートルを超える自然環境の厳しい高冷地での野菜作りの陰には、先人達の数多の苦難の道があったことを、「高原野菜発祥の地」の碑は思いおこさせてくれます。

八ヶ岳から吹き降ろす強風で巻きあがる耕地の土埃に、近づく春の気配を感ずる今日この頃です。

      「先人の 汗滲みわたる 大地かな」

  • 野菜の一大生産地
  • 強風

平成30年2月18日(日)

天気 晴れ 気温 -6.9℃ (担当 田中)

先日の晴れた日にオスの「ウソ」が餌台にやってきました。
今シ−ズン初めて撮影ができたうれしさもあってしばらく観察していると、メスもやってきて、オスが餌場をメスに譲る仲の良い番(つがい)でした。

  • ウソ
  • ウソ

今週、体験教室から清里方面へ足をのばして野鳥を探してみました。
頭が白く目のまわりが黒色でお腹が橙色の「ジョウビタキ」のオスを見つけました。

  • ジョウビタキ

付近の藪からガサガサと音がしたので様子をうかがっていると姿をあらわしたのはイワヒバリ科の「カヤクグリ」でした。地味な色をした日本特産種の野鳥です。

  • カヤクグリ
  • カヤクグリ

平成30年2月10日(土)

天気 晴れ 高気温 3.3℃ 最低気温 -10.6℃ (担当 井出)

体験教室の研修室の前には中庭があるのですが、先日キツネが来ていました。
姿を見ることはたまにあるのですが、今回は写真に収めることができるほど長く滞在してくださいました。
さすがにフラッシュを使ってしまうと逃げてしまうかと思いましたので、少し暗い写真になってしまいましたが何枚か撮影することができました。

  • キツネ
  • キツネ

体験教室では運が良ければテンや、カモシカなども見ることができるかもしれません。

平成30年2月9日(金)

天気 晴れ 気温 -5.1℃ (担当 内津)

「暦の上では春」と言うキーワードから、体験教室周辺での春を知らせてくれる物は何なのかと話題になりました。
雪が融けたら? 植物や樹木が芽吹き始めたら? シカなどの動物達が姿を見せる様になったら? など、個々での感じ方は様々のようです。
まだまだ、冷え込みの厳しい八ヶ岳ではありますが、季節の変わり目(春)を感じてみようと思います。

体験教室の3階ロビーでは、種から芽を出した野菜たちがすくすく成長しています。

  • ミニトマトの芽ミニトマトの芽
  • カボチャの芽カボチャの芽

平成30年2月2日(金)

天気 曇り 気温 -4.5℃ (担当 高見澤)

1月31日の夜は、3年ぶりの皆既月食を体験教室の在る南牧村でも見る事ができました。
今回の月食はNASAが「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいるものです。

南牧村野辺山高原は、星の観察に適している場所としてよく知られていますが、この夜ばかりは、月がメインで星の影は薄いものとなりました。

     「寒の夜 主役となりし 欠ける月」

  • 皆既月食
  • 皆既月食
  • 皆既月食

平成30年1月28日(日)

天気 晴れ 気温 -5.5℃ (担当 田中)

今季最強の寒波は徐々に衰えてはきているものの、強風と寒さはあいかわらず厳しい朝となっております。 八ヶ岳の主峰「赤岳」の山頂付近の様子をカメラで撮影。雄大さと人を寄せ付けない冬山の厳しさを目の当たりにして身も心も震えあがっています。

  • 赤岳
  • 赤岳

そんな冬の厳しさの中で、いつものように野鳥たちは餌台で賑やかに食事をしています。
冬に八ヶ岳へやってくる「アトリ」の群れの中で小さな「コガラ」も隙をみてひまわりの種を狙っているところでした。

  • コガラ

平成30年1月19日(金)

天気 晴れ 気温 0.6℃ (担当 井出)

本日は5℃くらいあった昨日と打って変わって朝の冷え込みが強かったため霧氷が綺麗にできていました。
晴れていればもっと美しく見えていたのでしょうが、あいにくの曇り空のため少しぼやけた印象になってしまいました。

  • 霧氷

先日散策の際に、ウサギの通り道を見つけました。
ウサギの足跡は特徴的なので見つけやすく、雪が降ったあと歩くとよく見つかります。
皆様もお越しの際は探してみてはいかがでしょうか。

  • ウサギの通り道
  • ウサギの通り道

平成30年1月12日(金)

天気 晴れ 気温 -6.1℃  (担当 内津)

出勤途中のひと時、地元の佐久穂町から見える八ヶ岳が雄大な姿をお披露目してくれました。
朝の冷え込みがとても厳しい季節ですが、澄んだ空気、雪をまとった八ヶ岳、最高な景色を眺める事ができ、朝からハッピーな気持ちになれました。

体験教室にお越しの際は、暖かい服装及び車も冬用タイヤ・チェーンのご準備をお願いいたします。
そして、ハッピーな気分で、冬の八ヶ岳をご堪能ください。

  • 八ヶ岳

平成30年1月9日(火)

天気 くもり 気温 3.0℃ (担当 高見澤)

南牧村海ノ口地区では、1月7日火祭りの一つどんど焼(海ノ口地区では「かんがり」と言っています)が行われました。
正月飾り、護符、縁起物などを集めて焚く行事です。
昼間、子供会の方が中心となり組み立てられた三角錐状の上部には、今年もダルマが飾られています。
人々の暮らしを一年間見守ってくれたダルマも役目を終え、焚かれて火の神になるのでしょう。
この日の夜は、寒さも緩み、また風もない絶好のかんがり日和でした。

   「役目終え 火の神となる ダルマかな」

  • どんど焼
  • どんど焼
  • どんど焼
  • どんど焼

平成30年1月1日(月)

晴れ 気温 -5.1℃ (担当 田中)

新年明けましておめでとうございます。

2018年も多くの皆さまに安全で楽しく過ごしていただける場所を作っていけるよう、藤沢市八ヶ岳野外体験教室スタッフ一同、力を合わせて精一杯頑張ってまいります。

本年もご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

八ヶ岳野外体験教室 初日の出 (2018年1月1日午前7時)

  • 初日の出

赤く染まった赤岳・横岳 (同日) ※雲が龍の姿に見えます。

  • 赤岳・横岳

平成29年12月25日(月)

晴れ 最高気温 4.6℃ 最低気温 -1.5℃ (担当 井出)

本日より3日間、子供たちだけで参加するわいわいキャンプが開催されます。
1日目である本日は、スキー場にてソリ滑りを楽しみました。
子供たちはバスから降りたときは口々にすごく寒いと言っていましたが、ソリ滑りを始めるとすぐに寒さを忘れて夢中になっていました。

明日は、外の寒さを利用しアイスクリームを手作りし、明後日はほうとう作りを行う予定です。
みんなで協力することで、おいしく作れるといいですね。

  • わいわいキャンプ
  • 新わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ

  • わいわいキャンプ
  • わいわいキャンプ

平成29年12月17日(日)

天気 晴れ  気温 -6.1℃ (担当 内津)

先日設置した新しい餌台が朝日に照らされ、屋根のニスも乾いてきたのでいよいよ今日からエサ入れをしてみようと思います。
「野鳥たちも喜んでくれるのでは」と、期待を胸に、最初に餌を食べに来てくれるのは誰かな?と楽しみにしています。

八ヶ岳野外体験教室へお越しの際は、餌台にやってくる野鳥たちと背景の富士山を朝のひととき一緒に眺めてみてはいかがでしょうか?

  • 新しい餌台
  • 新しい餌台

平成29年12月10日(日)

天気 晴れ  気温 -0.8℃ (担当 高見澤)

日本列島が強い寒気団に覆われた12月8日、体験教室周辺は5~6cmの積雪がありました。
まだ根雪のなかった冬枯れの山麓の森が雪景色に変わると、疾うに来ている冬の季節感は一気に増してきます。

翌日は、青空が広がる天気。一段と白くなった八ヶ岳は眼の前にせまり、冷気流れ込む八ヶ岳ブルーの空には、落葉した木々の枝が吸い込まれるように伸びています。本格的な厳しい冬がやって来ました。
車で来館されるお客さまには、必ず冬用タイヤ、タイヤチェーン等の装備をお願いいたします。

          「寒空に 根を張るごとし ナラの枝」

  • 積雪

  • 木々の枝
  • 冷気流れ込む八ヶ岳ブルー

平成29年12月3日(日)

晴れ  気温 3.3℃  (担当 田中)

今朝は丸っこい体と長い尾が特徴の「エナガ」を紹介します。
ひしゃくの柄に例えて名前がつけられたエナガの全長は14pほどです。

  • エナガ

群れでやってきて餌を食べますが、2羽・3羽・4羽と重なり合っている姿がかわいらしくてたくさん写真を撮りました。

  • エナガ
  • エナガ

ご予約お申込み方法のご案内

現在の空き状況

食事メニュー

八ヶ岳の風景

体験教室 自然観察コーナー

体験教室 スタッフレポート

体験教室 Facebookページ

ページの先頭へ戻る